バニラエアでセブ島に行こう!直行便が約40%値下げで1万円以下に

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

cebu_beach

フィリピンの「セブ島」をご存知でしょうか?

あまり旅行先としてピンとこない方もいらっしゃるかと思いますが、セブ島はフィリピンにある島で、シャングリラホテルなどのホテルが並ぶビーチリゾート島になります。また、フライト時間は直行便で約5時間という近さや、物価が日本よりもかなり安いので旅行中にかかる費用を低く抑えられるのが魅力です。

セブ島

そんなセブ島へは複数の航空会社が直行便をだしていますが、今回バニラエアが下限運賃を40%も値下げしたため、いままでよりもより安く行くことができるようになりました!

それではざっくりとご紹介。

バニラエアの直行便

バニラエアのセブ島直行便は2016年9月から開始されていますが、就航しているスケジュールは以下の通りで、成田空港から1日1便となります。

◆成田→セブ

期間曜日出発到着
2017年3月26日
 〜 6月30日
月土12:4016:40
火水木金日13:2017:20
2017年7月1日
 〜 7月13日
毎日13:2017:20
2017年7月15日
 〜 10月28日
毎日10:3014:30

◆セブ→成田

期間曜日出発到着
2017年3月26日
 〜 7月14日
毎日9:3015:10
2017年7月15日
 〜 10月28日
毎日15:3021:10

フライト時間は約5時間程度と海外としては近場となりますので、LCCでもなんとかなるかなと。

運賃はおいくらか

vanilla-air-40off

気になる運賃ですが、今回は下限運賃が40%値下げとなりますので、いままで片道の最低価格が16,880円だったのが、9,880円になりました!1万を切ってきましたね。

最近、エアアジアがバリ島への直行便を1万を切る値段で始めたりと、アジア地域のLCCが充実してきています。

ただ、上限価格については言及されていないので、ハイシーズンや旅行日に近くなってからの予約については注意が必要ですね。

他社との比較

セブへの直行便を出している航空会社は以下があるようですが、それぞれバニラエアが9,880円になる日の「成田→セブ」の運賃をみると、セブパシフィックがいい勝負ですね。

  • セブパシフィック → 12,500円
  • フィリピン航空  → 43,900円

セブパシフィックも格安航空となるので、設備やサービスはバニラエアと同等のようですね。そうなると、旅行に行く日程で安い方を選ぶのがベストかなと。

お得か

間違いなく最低価格の場合はバニラエアが安いですが、セブパシフィックも値段としては同程度ですので、その時の状況に合わせて選ぶのが良さそうです。また、LCCはセールを実施している場合もあるので、ホームページも時々チェックが必要ですね。

 

今回ご紹介した内容はバニラエアの以下公式ページに情報がありますので、興味を持たれたかたは是非ご覧になってみてください。

でわでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました