じぶんまくらを購入!使った感想やお得な購入方法とおすすめ枕カバーをご紹介

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

makura

まくらって重要です。

人生の3分の1が睡眠時間といいますが、その多くの時間を過ごすベッドや枕などの寝具にはこだわるべきだと思います。睡眠の質を上げることが健やかな日常につながるかと思います。

実際私も朝起きると首や背中の痛みに悩まされていたのですが、クチコミ評判も良かった「じぶんまくら」に変えたことでその痛みが改善されました。

今回はこの「じぶんまくら」についてざっくりご紹介したいとおもいます!

じぶんまくらとは

「じぶんまくら」はタナカふとんサービスが展開するオーダーメイド枕です。

タナカふとんは明治8年に創業した老舗で全国に店舗を構える大手寝具メーカーですが、今までの寝具開発のノウハウを活かして開発し、2007年から販売しているのが今回ご紹介する「じぶんまくら」となります。

jibunmakura1

オーダーメイド枕と聞くとやはり気になるのは値段ですよね?

じぶんまくらはどうかというと、ぶっちゃけ高いです。

通常サイズの枕(43cm×63cm)で25,000円(税別)しますし、私が購入した一回り大きいプレミアム(43cm×70cm)だと35,000円します。

ではなぜそんなに高いのかですが、その理由は大きく以下2点があげられます。

  • 自分の体に合わせて枕を作ることができる
  • 枕のメンテナンスがずっと無料

当然、多くのオーダーメイド枕は自分に合わせて枕を調整できますが、2点目の枕のメンテナンスが無料という点は今まで見たことがなく、じぶんまくら最大のメリットだと思います。

実際、私も購入する決め手になったのはこのメンテナンスフリーな点です。よく枕の綿がへたってきて、お気に入りの枕を泣く泣く捨てなければならない時がありますが、当然その中材の綿を交換することができるので、新品のようなフカフカ枕をいつでも取り戻すことができます。加えて、自宅でのメンテナンス性もよく、洗濯機による洗濯もOKとのことで、清潔に保てるところも嬉しいポイントです。

じぶんまくらの作り方

じぶんまくらを作るにはまずじぶんまくらの販売店舗に行く必要があります。近くのお店は公式ホームページから確認できますのでリンクを貼っておきますね。

店員さんに「じぶんまくら」を作りたいことを伝えると、まくらを作成するための測定が始まります。測定器は店内にあり、自分の体のラインを測定することができます。

jibunmakura_sokutei

じぶんまくらの測定(公式HPより引用)

測定が終わると、今度は枕の高さの調整と中材を決める工程に入ります!

じぶんまくらはバッグのように側面にファスナーが付いており、パカッと二つに分かれる構造になっています。枕をひらくと14個のポケットに分かれており、それぞれのポケットに自分の好きな中材を詰めることができます。枕の高さはこのポケットの中に入れる中材の分量で調整することになりますが、丁度頭が乗る中央部が少なめ、左右は寝返りを打った時に頭が乗る場所なので、少し高めに調整することになります。

ではまず表生地から。

jibunmakura_omotekiji

じぶんまくら(プレミアム)表生地

肌触りが良く、頭をのせると心地よい柔らかさです。

次に中材を入れるために枕を開いたときの写真です。

jibunmakura2

詰められる中材ですが、種類が多く現時点で8種類あります。それぞれ硬さや枕に入れた時の頭への当たり心地が変わってくるので悩みどころですよね。

jibunmakura_nakazai

じぶんまくら中材(公式HPより引用)

当然各ポケットごとに中材を変えることができますので、私は頭が乗る側の面が「つぶ綿」、反対のベッド側中央が「銅パイプ」、外側が「柿渋シンセビーズ」にしています。

jibunmakura_nakazai1

じぶんまくら中材(綿)

jibunmakura_nakazai2

じぶんまくら中材(銅パイプ)

中材を選び、それぞれのポケットに入れた後は微調整に入ります。

お店の中にあるベットに実際に寝てみて、枕の高さが丁度良くなるまで調整してもらえます。この時重要なのが、自宅のベッドや布団の硬さを意識すること、微調整は自分の納得がいくまで行うことです!

1点目は自宅のベッドがフカフカな場合は体が沈み込みますので、枕の高さは低めにしないといけません。ベッドが硬い場合は逆になります。ただ、お店で調整するときちゃんと店員さんから聞かれると思いますので大丈夫かと思います。

2点目は枕の調整にはやはり時間がかかります。店員さんに悪いとか、面倒臭いなどで納得のいく調整ができていない場合、かえって疲れる枕になってしまいます。

私の場合、最初に買った際に調整を誤ってしまい、かえって首が痛くなる事態になってしまいました。。。

ですが次にご説明する「メンテナンスフリー」のサービスを利用したことで、現在では快適な使い心地になっています!

じぶんまくらのメリット「メンテナンスフリー」

jibunmakura_mente

じぶんまくらのメンテナンスカード

自分枕の最大のメリットは「メンテナンスフリー」なところです。

では何ができるのか?ですが、中材交換をいつでも無料で行うことができのです!またその際に枕の調整も行えるので、もし自分の頭にあっていないのであれば、再度調整することができます。

このメンテナンスですが、店員さんのおすすめは3ヶ月に一回が良いらしいですね。またメンテナンスするときにおいては予約を行うことができるので、スムーズにメンテナンスを受けることができます。

蛇足:おすすめの枕カバー

最近販売されたそうなのですが、じぶんまくら専用サイズのピロープロテクターなる枕カバーを買ってみました。

jibunmakura_pillow

ピロープロテクター

なにやら<まくらを守る「寝具」>らしく、裏地に汚れやダニを防護する特殊な素材が使われているため、枕を清潔に保つことができ、寿命を延ばすことができるそうです。加えて洗濯機も使用可能とのことでメンテナンス性も良さそう。

肌触りは少しごわつき感がありますが、概ね良好です。

jibunmakura_pillow2

じぶんまくらピロープロテクター(裏地)

裏地は特殊な素材でコーティングされており、確かに水や汚れを通さなそうですね。

実際にどのような特性なのか実験してみました

うたい文句は素晴らしいですが性能はどうなのだろうと思い、少し実験してみました。

まず表生地に水をたらしてみます。

jibunmakura_pillow3

垂らした瞬間は水滴状になりますが・・・

jibunmakura_pillow4

しばらくするとちゃんと吸水してくれます。吸水性が凄い良いわけではありませんが、寝ている間の汗を吸水する性能で考えれば必要十分かなと思います。

次に裏地に水を垂らしてみます。

jibunmakura_pillow5

しっかりと水を弾きます。

うたい文句の通り、枕への汗や汚れを浸透させない構造になっているようで安心です。

気になるお値段は

この枕カバーは3,500円と少しお値段が張りますが、せっかく高いお金を出してじぶんまくらを購入したのですから、その枕が長持ちするのであればと枕カバーも少し頑張ってみました。しばらく使ってますが、結構おすすめです!

最後に

私自身じぶんまくらに変えて半年間使ってみましたが、起きた時の首や背中の痛みが和らぎ、とても助かっています。

ちょっとお値段は高いですが、メンテナンスフリーな点もあり長く使える枕としておすすめできます!

ちなみにじぶんまくらはもちろん店頭でオーダー注文する必要がありますが、実は楽天で購入することができます。

「でもオーダーなのにどうやって購入するの?」と思いますが、実は「じぶんまくらギフト券」として購入することができるのです。
このギフト券を店頭に持参することで、じぶんまくらと交換することができます。

楽天で購入するメリットとしてはもちろん楽天ポイントがつくところと、ときどき割引クーポンを配っているのでお店で購入するよりも安く入手できるのでお得に入手できますよ!

ちょっとお値段はしますが、今後長く使えるまくらとしておすすめです。

でわでは。

コメント

  1. […] 出典:https://travel-poponta.com/jibunmakura/ […]

タイトルとURLをコピーしました