バリ島の高級リゾートへ宿泊!リッツカールトンの宿泊内容をご紹介(その3)

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ritz_part3_top

前回に引き続いて、リッツカールトンバリについてレポートしていきたいと思います。

※前回の「その1」、「その2」はこちらから

最後は朝食バイキング、タパスラウンジ「BREEZES」、ラウンジバーや館内施設をざっくりとご紹介していきます!

朝食バイキング「SENSES」を利用

今回予約したプランは朝食バイキング付きでしたので、早速朝食バイキング会場の「SENSES」に向かいます。

ritz_morning01

朝食会場「SENSES」の入口

入口にバリの雰囲気を感じる可愛い傘の置物が。入口の前にいると、スタッフさんが案内してくれます。

席についたら早速いろいろと見に行きます!

ritz_morning02

朝食バイキングの様子

料理は色々な種類があり、お客さんやスタッフさんも多く賑やかです。

まずはサラダバーに行ってみます。

ritz_morning03

サラダバー

サラダバーはバリの置物等で飾り付けられていてオシャレですね。

ritz_morning04

サラダバーの内容

サラダバーは野菜やドレッシングの種類が多くて良いですね。

サラダを調達したあとは他に何があるか調査。

すると日本食コーナーを発見。寿司、お蕎麦、納豆、味噌汁等がありました。

ritz_morning05

日本食コーナーの寿司

ritz_morning11

お蕎麦

初日こそバリまできて日本食はないよねー。。。と思っていましたが、連泊していると味噌汁や納豆が有り難かった(笑)

お次は麺コーナー

ritz_morning06

麺コーナー

その場で麺の種類、具材を選んで注文すると目の前で作ってくれます。具材はモヤシやパクチー、つみれ等色々とあるので自分好みにカスタマイズできます。

スープは優しい味(少し薄め)で朝食ではありがたい。

続いてドリンクコーナー

ritz_morning07

ドリンクコーナー

色々なフレッシュフルーツドリンクがあります。

コーヒー等はスタッフさんにお願いすれば持ってきてもらえます。

最後はエッグコーナーです。

ritz_morning08

エッグコーナー

日本でもおなじみですが、卵料理を提供してくれます。

嫁がスクランブルエッグ、私がオムレツをお願いします。

ritz_morning09

オムレツとスクランブルエッグ

自分のテーブルの場所を伝えれば、出来上がりを持ってきてもらえます。

味の方は。。。写真から伝わるかもしれませんが、オムレツは少し焼きすぎでちょっと残念な感じでした。

テーブルで食事をしていると、スタッフさんが一品料理を勧めてきます。

ritz_morning10

朝食の一品料理

小さな一口サイズの器にビーフシチュー?がはいった料理をいただきました。中々美味しいですね。

今回6泊したのですが、朝食バイキングのラインナップはあまり変わらなかったので、後半は少し飽きてしまい辛くなりました。。。

ラウンジバーを利用

我々夫妻がホテルに泊まる際に欠かさない事は、ホテルのバーを利用する事です。今回も忘れずに利用してみることに。

営業時間は11時から24時まで。23時ごろに利用しましたが、お客さんは私たち一組だけ。

ritz_bar01

ラウンジバー内観

窓際の席をゲットして、この開放的な空間を独り占めです。眺めもホテル全体を見渡せ、南国の夜風がすごい気持ち良い。

ritz_bar04

バーからの眺め

バーカウンターもありますので、カウンターで楽しみたい方も大丈夫。

ritz_bar02

バーカウンター

気になるカクテル一杯の値段もそれほどしませんでしたが、味の方はそこまで期待しないほうが良い感じです。

タパスラウンジ「BREEZES」を利用

別の日に折角リッツカールトンに宿泊したんだからと、ビーチ近くにある「BREEZES」を利用してみました。

場所はビーチサイドにあるので、中庭を歩いていきます。夜のリッツカールトンも綺麗ですね。

ritz_dining01

夜のリッツカールトン

5分程度歩いて到着。スタッフさんに席まで案内してもらいます。

ritz_dining02

BREEZES入口

建物は天井が高く、照明がオシャレ。また、お店の周りは壁がないので、夜風が通り居心地が良いですね。

ritz_dining03

BREEZES内観

嬉しい事に、今回利用した時間帯はちょうど生演奏をやっていました。

ritz_dining04

生演奏

女性ボーカルと男性ギターの二人組みが色々な曲を演奏されていて、南国の夜を彩ってくれます。

お客さんが少なかった事もあり、「曲のリクエストはありますか?」と英語で聞かれてしまい、ちょっと焦ったりしましたが、とても綺麗な歌声と演奏でかなり満足。

演奏を聴きながら、早速料理を頼みます。

まずはツナのカルパッチョ

ritz_dining05

ツナのカルパッチョ

これかなり美味しかったです。

厚切りのツナをほどよく周りを炙り、カルパッチョ仕立てにした一品。一緒に頼んだ白ワインによく合いました。

次にスペアリブ。

ritz_dining06

スペアリブと焼き野菜

これも甘辛く味付けされた牛のスペアリブがジューシーで美味しくいただけました。

最後の一品はペンネ。

ritz_dining07

4種チーズのペンネ

4種チーズのペンネはたっぷりチーズが使われており、ワインに合います。

日本人でも問題ない味付けで、ボリュームも少食の私たち夫妻には丁度良いくらいでした。

プライベートビーチやプールでリラックス

次はプライベートプールやビーチです。

ビーチに行くためには中庭を歩いて行くことに。

手入れされた中庭が気持ちよくて良いですね。

bali01

中庭の池には鯉が泳いでいます。

bali02

メインプールに到着。いわゆるインフィニティプールってやつですかね。

bali03

さらに奥に進むとビーチに到着。

ビーチ沿いにカバナが並んでいますが、無料で使用できるみたい。bali04

早速利用することに。割と数はあったので、いい場所を探してウロウロ。
bali05

場所が決まるとスタッフさんがタオルを敷いてくれます。
bali06

喉が乾いたら近くに給水所もあります。

bali07

天気が良ければ海からの風が心地よく1日ぼーっとできますね。

その他ホテル施設

その他の施設をざっくりとご紹介。

まずは待合室。

bali08

チェックアウト後も利用でき、シャワールームやドリンク類も完備。

送迎の車が到着するまで待つときなどに助かりますね。

次にパフュームワークショップ。

bali09

事前に申し込むと、香水作りを体験出来るようです。

その他にも、ショップなど色々と施設があったので、探検が面白かった。

最後に

色々とご紹介してきたリッツカールトン バリですが、南国の雰囲気を存分に味わえ、ゆっくりとした時間を味わえる、格別なリゾートホテルでした。

難点を挙げるとすると、ホテルの周りが何もなかったので、繁華街に出るためには送迎が必要なところでしょうか。

とはいえホテル内で完結する設備・サービスが整っているので、些細な問題かなと。

でわでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました