【NY旅行記⑤買物編その2】ニューヨークのご当地ウィスキー

この記事は約6分で読めます。

NYバーボンラベル

連載しているニューヨーク旅行記最後の記事はニューヨークのご当地ウィスキー。

 

ウィスキーにも色々種類があるけど、アメリカなのでバーボンを買うしか無いでしょってことで調べることに。

 

バーボンの有名どころでメーカーズマークやワイルドターキーがあるけど、今回はニューヨークのご当地のバーボンがあれば、是非お土産に買いたいなと。

 

早速調べてみるとあるもんですな。

その名も「キングス・カウンティ蒸留所」

キングスカウンティ蒸留所

さてこの蒸留所、2009年に創業したそうで、場所はニューヨークのブルックリンにあるみたい。

Kings County Distillery

マンハッタンからでも、地下鉄を利用すれば十分行ける距離。

 

事前に公式ホームページで勉強してからと思ったけど、当然英語オンリーでギブアップ。

このまま突撃してみよう。

蒸留所へ向かってみる

マンハッタン橋からえっちら歩くこと20分弱。

暗くなってから向かったこともあり、少し身の危険を感じる雰囲気を感じながら到着。

(一人や女性だけで向かう場合は、明るい内に行く事をお勧めします)

キングスカウンティ蒸留所

キング・カウンティ蒸留所

 

外観は歴史を感じるレンガ作りの建物。

暗いと雰囲気抜群かつ看板が小さく、分かり辛いので、店のドアを開けるのにちょいと躊躇いが。

 

さて店内はと。。。

年季の入ったバーカウンターと、棚にバーボンのボトルが整然と並び、ゆっくり飲んで行きたい気持ちがむくむく。

 

だけど閉店時間近くで残念だけどボトルを買って撤退することに。

 

試飲&購入

カウンターにいるマッチョなお兄さんにボトルを買いたい事を伝えると、リストを渡してくれた。

キングスカウンティ蒸留所プライスリスト

ウィスキーのプライスリスト

 

750mlのフルボトルは2種類あり、通常のバーボンとピーテッドバーボン。どちらも69ドル。

 

どちらにするか迷っていると試飲させてもらえることに。

2種類がショットグラスなみなみ注がれ、これだけで酔っ払いそう。。。

 

お味の方はエイジングが浅いので、アルコールは結構カツンな感じ。

ただバーボン特有の甘さ、バニラの様な香りが感じられ美味しい。

 

ピーテッドバーボンの方は上記の香り・味に加え、とてもスモーキー。

かなり特徴的な味に仕上がっているので、ウィスキー好きの方はこちらの方が面白いかなと。

 

結局2種類を1本づつ購入。

バーボンウィスキー

バーボンウィスキー

ボトルもシンプルでかっこいい。家の棚に飾るだけで様になる。

 

ニューヨークに行った際は是非ご当地バーボンは如何でしょうか。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました