バリ島で至福のスパ!「クンティバリスパ」に行ってきました

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

kunthibali_logo

バリ島旅行に行くことになり、ガイドブックをみながら色々と予定をたてていたところ、ロングスパという特集ページに目が留まりました。

嫁ともバリはマッサージやエステが安いから行きたいねと話をしていたこともあり、せっかくなので日本では高価で味わえないロングスパを予約してみました。

今回はその予約したバリ島の街スパ「クンティバリ(Kunthi Bali spa)」をレポートしたいと思います。

ロングスパ探し&ネット予約

今回、街スパを選ぶ際にチェックしたポイントですが、帰国便が夜中の0時50分のため、最終日の夕方から夜に施術してそのまま23時頃に空港まで送ってもらえるところを探しました。

色々なところがあり悩みます・・・。

ホテルスパのように高すぎるのも予算的に厳しいですが、安すぎのお店もちょっと心配。

ちょうど良いところを色々さがしていたところ、良さげな街スパをJTBの現地ツアー紹介ページで見つけました。

 

それが1軒屋スパの「クンティバリスパ」です!

kunthibali_jtb

JTBのクンティバリ紹介ページ

⇨JTBの「クンティバリスパ」の紹介ページ

私がやってみたかったシロダーラや嫁がやりたがっていたフェシャルエステが入っているプランがあり、送迎もついてます。しかもお店はジンバランなので空港が近い。

価格も時間に対していい感じです。早速予約。

 

当日が楽しみですね。

「クンティバリスパ」へ

いよいよ当日、私達はバリ島最終日だったこともあり、一度空港の荷物預かり場所に荷物を預けてから、ジェンガラアウトレット→カルフールで買い物予定だったので、カルフールにお迎えをお願いしましました。

 

18時半からの予約でしたので、17時にカルフールに待ち合わせです。

空港周りはいつもものすごい渋滞だからか、ちょっと早めの待ち合わせ時間です。

 

時間に待ち合わせ場所にいくとドライバーさんが待っていてくれました。

バリの方々は時間にルーズであまり時間通りにこないときいていましたが、今回の旅行では皆さん時間前にきていただき、とても親切な方ばかりですね。

kunthibali_mukae

クンティバリスパの送迎

スパのロゴがかかれたバンに乗せてもらっていよいよ出発です。

 

ドライバーさんも日本のお客さんが多いからか日本語が通じて安心。また車内には日本語で案内があり、スタッフさんへの教育が行き届いているのが伝わります。

kunthibali_oshirase

車内の案内

到着!コースの説明

この日は日曜日だったため、渋滞がほとんどなくカルフールから20分くらいでスパに到着です。(土日は渋滞が少ないそうです。)

bali kunthi spa

車から降りると・・・

kunthibali_gaikan

クンティバリスパ外観

立派じゃないですか。これぞバリ!という感じの外観です。

 

車を降りると、お店の方々が総出で外まで迎えにきてくれました。なんだかテンションが上がってきますね。

 

スタッフさんに連れられ、中に入って受付です。

kunthibali_tennai

クンティバリスパ店内

kunthibali_uketuke

クンティバリスパ受付

これまたおしゃれなロビーです。

 

ここで冷たいレモンジュースをいただきながら、受付用紙に記入していきます。

(ジュースの氷はミネラルウォーターで作っているそうなので安心)

kunthibali_drink

ウェルカムドリンク

受付用紙に記入が終わると、コースの確認です。

 

これまた日本語ぺらぺらの店員さんが丁寧にコース説明してくれます。

説明の後はアロママッサージのアロマが選べます。

kunthibali_aroma

アロマの種類

アロマの種類は全部で以下4種類。今回はバリらしい香りのフランジパニにしました。

  • レモングラス
  • フランジパニ
  • バランシング(ベルガモット等の柑橘系とラベンダー等のフローラル系のブレンド)
  • エネルジェンシング(ジンジャー等のスパイスと柑橘系のブレンド)

優雅な気分になりながらアロマを選んでゆっくりしたらいよいよお部屋へ。

(この時間は施術時間に含まれていないので安心)

施術

私と嫁で違うコースで申し込みましたが、2人用の部屋に通されました。

広くて雰囲気があって素敵。

kunthibali_room1

施術室

お風呂もちゃんと2つあり、専用のトイレもあります。

kunthibali_bath

お風呂

荷物は鍵つきのロッカーにいれてお着替えです。

kunthibali_locker

ロッカー

お着替えが終わったらいよいよ施術。

ますはフットバスから。

kunthibali_footbath

フットバス

マッサージやフェシャルなど担当の方もとても丁寧です。

 

ちなみに、マッサージ中に強さや温度が気になった際は以下のカンペを見ながらお願いできます。

kunthibali_memo

施術師へのオーダー方法

細やかなところに気が配られており好印象。

 

フットバスの後はボディマッサージ。その後のシロダーラも新しい感覚で良かったです。(眉間がムズムズするので、苦手な方は別プランが良いかと)

kunthibali_siro

シロダーラ器具

そして今回一番驚いたのが、ここの名物フラワーバス。

kunthibali_flowerbath

フラワーバス

すごい花びらの量。入るのがもったいない・・・。

kunthibali_flower

フラワーバスの花びら

これは女子受けよさそう。

男の身としては、オネエになった気分ですね。

またお風呂に入っているとお茶とお水が貰えます。

これはありがたい。

kunthibali_drink

水とお茶(ジンジャーティー)

嫁のコースはフラワーバスではなく、ロゼラハーブとミルクのバス。

kunthibath_yomebath

ロゼラハーブとミルクのバス

写真はロゼラハーブのみが入った状態ですが、入浴時にミルクを入れるので、ピンク色になるそうです。

ロゼラハーブとはアンチエイジング効果があるそうでとても喜んでいました。

 

そして最後は2人で別室に移動してシャンプーとクリームバスです。

kunthibali_rouka

クンティバリの廊下

kunthibali_headwash

シャンプー台

シロダーラで髪の毛がオイルまみれでしたが、しっかりと落としてもらえます。

 

シャンプーが終わったら、次はクリームバス。クリームバス用の椅子に移動します。

kunthibali_head

クリームバスの場所

kunthibali_creambath

クリームバス

白いクリームバス用のクリームを少しづつ頭につけて頭皮をマッサージされます。

これは気持ちいい・・・。

ハゲ予防にも良さそうですね。

 

クリームバスが終わった後は再度シャンプー台で洗い流して、きちんとドライヤーでかわかしてくれて終了です。

お土産

施術が終わると受付にもどり、ビスケットとドリンクをいただきます。

また、お土産も1つづついただきました。

kunthibali_omiyage

ドリンクとお土産

お土産の中身は木彫りのバリ猫とバスソルトでした。

kunthibali_balineko

お土産のバスソルトとバリ猫

バリ猫のお土産を買おうといっていたのに結局忘れてしまっていたのでちょうどよかった。

 

ドリンクを飲んで記念撮影をしたら空港へ向かいます。行きと同じ車で空港まで送ってくれました。

時間も予定していた時間にぴったり。名残惜しいですが日本向けの飛行機搭乗へ向かいます。

最後に

3時間30分のコースでしたが、本当にリラックスできてよかったです。

特に男性は日本であまりこのようなエステを受けることはできないので、男性にもおすすめ。

 

お店もバリっぽくてフラワーバスも女性受けが良さそう。施術以外でも楽しめること間違いなしです。

 

バリ島でエステを検討している方はオススメです。

 

でわでは。

⇨JTBの「クンティバリスパ」の紹介ページ

⇨他のバリ島関連の記事はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました