JALマイラー必携のクレジットカード!「JAL普通カード」の活用方法をご紹介

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

mailer_icon

前回、JALマイルを貯める為に必携のカードとして「ビックカメラJMB WAONカード(以下:JMB WAONカード)」をご紹介いたしましたが、今回はそのJMB WAONカードを最大限に利用するために必須のクレジットカードであるJALカードをご紹介いたします。(注:当記事は2017年3月時点のものです)

JMB WAONカードと相性抜群な「JALカード」とは

JALカードはその名の通りJALが提供するJALマイレージバンクにクレジットカード機能が付いたカードです。

JALマイレージバンクと連携しているので、様々な方法でJALマイルをゲットすることができるため、JALマイラーとしてはメインもしくはサブカードとして作っておきたいカードと言っても過言ではありません。

なぜならば、JALカードにはWAONやPASMO等の電子マネーへのオートチャージ機能とチャージ額に応じたマイル加算がされるため、日々の支払いをJALカードと電子マネーで支払うことが可能となり、マイルの取りこぼしを減らすことができるからです!

そのような効率的にマイルを貯めることができる、JALマイラー御用達のJALカードについて、お得な理由をご説明していきます。

JALカードの種類

jalcard_ichiran

JALカードには大きく下記4種類あり、それぞれの年会費が変わってきます。

  • 普通カード 2,160円(Amexの場合は6,480円)
  • CLUB-Aカード 10,800円
  • CLUB-Aゴールドカード 17,280円(Amexの場合は20520円)
  • プラチナ 33,480円

(その他、ダイナースや学生専用、20代専用のカードがありますが、今回は割愛)

2,000円〜30,000まで年会費が結構違いますが、もちろんそのサービス内容も大きく変わってきます。

どのJALカードが良いか?今回のオススメは?

今回、私がオススメする(私も保有している)カードは「普通カード」です。

オススメ理由ですが、普通カードとCLUB-Aカード以上のカードとの違いは、国内外のJAL便を利用した際に得られるボーナスマイル、付帯保険(死亡保険や賠償保険など)、空港ラウンジの利用などの飛行機に乗ることを前提とした内容となりますので、陸マイラーとしてはあまり活用するシチュエーションがないためです。

そうなると年会費が安く、食料品などの普段の買い物でマイルを貯める機能があれば良いので、普通カードで必要十分。。。という結論になります。

また、私の場合はメインカードに付帯保険や空港ラウンジ機能が備わっているのも普通カードにした理由として大きいですね。

「JAL普通カード」の主な機能

今回オススメする普通カードの主な機能は下記の通りです。

  • JAL便搭乗ボーナス
  • 搭乗時のボーナスマイル
  • ショッピングマイル
  • WAON、PASMOのオートチャージ
  • 特典航空券の優遇

それでは順をおっていきましょう!

JAL便に搭乗してマイルを貯める

JALカードにはJAL便に搭乗した際に貰えるボーナスマイルがあります。

貰えるタイミングは3種類あり、それぞれ下記の通りです。

  • 入会搭乗ボーナス:カード入会後の初めての搭乗で1,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時に1,000マイル
  • 搭乗毎のボーナス:フライトマイルの加算率が10%アップ

このボーナスは飛行機に乗らないと貰えないですが、一撃1,000マイルは大きいですし、国内旅行でJAL便を利用して是非ゲットしておきたいですね。

私も毎年沖縄旅行(那覇⇄宮古島便)でボーナスを貰っています!

ショッピングの時のカード払いでマイルを貯める

この機能がJALカードの肝です。

JALカードを利用した買い物の際、200円に対して1マイル加算されます。

この場合マイル還元率は0.5%ですが、なんと有料オプションの「ショッピングマイル・プレミアム」(年3,240円)に加入することで加算率が2倍になり、マイル還元率を1%まで引き上げることができます!

また重要なのが通常時は200円毎で計算されますが、ショッピングマイル・プレミアムにすると100円毎に計算されるようです。

この有料オプションのショッピングマイル・プレミアムですが、1マイル=2円換算で考えた場合、年間324,000円以上を利用すれば、オプションの年会費をマイルでペイできますので、利用予定額と相談して加入を考えると良いかと。

他にも加算率を上げる方法として、JALマイレージバンクの特約店で買い物をする方法があります。

特約店の場合、なんとショッピングマイルの加算率が2倍になります。ショッピングマイル・プレミアムに加入している場合は加算率4倍で100円=2マイルです!

特約店にはファミリーマート、イオン、エネオスなど、様々なお店が参加していますので、以下公式ホームページをご参考頂ければと思います。

JMB WAONカードへのオートチャージを利用してマイルを貯める

JAL普通カードの以下ラインナップではJMB WAONカードへのオートチャージ機能を利用することができます!

  • JAL Visaカード
  • JAL Masterカード
  • JAL TOKYU POINT ClubQカード
  • JAL JCBカード

なお、オートチャージを利用するためにはJMB WAONカードが必要になりますので、事前に準備しておきましょう。

jmb_waon_card

オートチャージの設定ですが、WAONの公式ホームページよりクレジットでのオートチャージ利用登録を実施します。

次に、イオンに設置されている専用端末のWAONステーションからJMB WAONカードにオートチャージの金額を設定できます。

jmb_waon_charge

ここで重要なのは、現在キャンペーンでこのWAONチャージでなんとボーナスマイルが加算されるのです。

オートチャージによる加算率は通常時は200円=1マイルですが、前述したショッピングマイル・プレミアムを加入すると100円=1マイルになります!

このオートチャージによるボーナスマイル加算に加え、JMB WAONカード利用による200円=1マイルのボーナスマイルが入るので、マイル2重取りになり、実質200円で3マイルもゲットできるのです。マイル還元率は1.5%にもなります。

なお、WAONチャージのボーナスマイルゲットは2018年3月31日までとなっていますが、毎年更新されているので、しばらく続くかと思います。

PASMOオートチャージを利用してマイルを貯める

WAONに続いてPASMOもオートチャージをすることができます!

オートチャージに対応するカードは以下の2種類で、TOKYU POINT ClubQが東急グループ、OPが小田急グループのカードとなり、どちらもPASMOのオートチャージを利用することができます。

  • JAL TOKYU POINT ClubQカード
  • JAL OPカード

気になるオートチャージのボーナスマイル付与率ですが、2017年3月時点ではどちらもショッピングマイル・プレミアム加入で100円=1マイルゲットできます。

。。。だったのですが、2017年4月からTOKYU POINT ClubQカードでPASMOオートチャージを行った際に付与されるのが、マイルではなくTOKYUポイントに変わってしまい、還元率が大幅に下がる大改悪がありました。

どのような改悪かというと、200円のオートチャージ利用でTOKYUポイントが1ポイント付与されるというもので、TOKYUポイントからJALマイルへの交換は2,000ポイントで1,000マイルなので、100円あたり0.25マイルの付与となってしまいます。

こればっかりはしょうがないですね。

なお、PASMOへのオートチャージの登録方法ですが、まずは記名式のPASMOを発行。その後にPASMOのオートチャージ申し込み用紙を駅から入手し、必要事項を記載して送れば登録完了。あとは駅の券売機でオートチャージの設定ができるようになります。

詳細な登録方法についてはPASMOの公式ページから確認できます。

特典航空券の優遇

マイルを貯めたら交換するのは特典航空券ですよね。

この特典航空券の交換についても、JALカードを保有することで、なんと通常よりも500マイル割引されたマイルで交換することができます!

少ないようですが、500マイルを買い物で貯めようとすると、5万円分も必要になりますので、結構バカにならないですよね。

空港のJAL免税店で割引

jal-dutyfree

海外旅行をいく時に楽しみなことの一つに免税店での買い物があるかと思います。

その免税店のなかにはJAL DUTYFREEというJALが運営する免税店もあります。その免税店でJALカードを利用すると、なんと表示価格から割引を受けることができます!

jal-dutyfree_waribiki

割引率は最大10%ですが、JAL普通カードの場合は5%割引になります。

ですが5%どいえど、免税店価格からさらに5%割引になるわけですから、JALカードを持っているならぜひここで購入していきたいですね。

ちなみにJALが運営する免税店はJAL特約店となりますので、もちろんマイルが2倍になるところも嬉しいポイントです。

結局どのJAL普通カードが良いか?

私は「JAL TOKYU POINT ClubQカード」にしました。

以前よりPASMOのオートチャージの還元率は落ちましたが、依然としてWAONとPASMOのオートチャージができるカードは「JAL TOKYU POINT ClubQカード」となりますので、その優位性は他のJAL普通カードより上かな。。。と思います。

JALカードの入会特典

今回ご紹介したJALカードですが、お得な入会特典が用意されてます。

2017年3月時点ですと、最大2000マイルと初年度の年会費が無料になる特典のようですので、興味を持たれた方はこの機会に作ってみては如何でしょうか。

なお、JALカードを申し込むにあたっては、ポイントサイト「ハピタス」を経由することをオススメします。

なぜなら、ハピタス経由でJALカードを契約することで、現金に換えられるポイントが貰えるからです。

しかもこのポイントは現金だけじゃなくJALマイルに交換することができる素晴らしい仕組み。

詳しい内容は以下記事でご紹介してますので、参考にしてください。

今回、JALマイルを貯める方法の2回目としてJALカードをご紹介しました。繰り返しになりますが、JALマイラーとしては必携のカードと思いますので、是非皆さんも作成して、JALマイラーの一員になりましょう!

他にもJALマイルを貯める方法について記事を書いておりますので、興味のある方は一読いただけると幸甚です。

でわでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました