エアアジアがバリ島への直行便を開始!ライバル会社と比較してみました

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バリ島への直行便が今年から増えましたね!

今までガルーダインドネシア航空だけだった直行便に、2017年5月25日からAirAsia(以下:エアアジア)が参入します。

エアアジアは皆さんご存知の通りLCCですので、その値段が気になりますよね。

私も今年バリ島へ旅行に行く予定で、既にガルーダインドネシア航空の直行便(復路)の予約をしてしまったため、値段や飛行機の設備が気になります!

今回、自分の判断が正しかったのかを確かめるべく色々と調べたので、その結果をざっくりご紹介します。

エアアジアとは

エアアジアは皆さんご存知の通りLCCですので、航空券の値段が安いことで有名ですよね。

例えば現在就航している区間ですと、片道でゴールドコーストは19,900円〜、プーケットは20,900円〜など、大手航空会社と比較するとかなりお得な設定金額になっています。

今回はこのエアアジアグループに属するマレーシアの大手長距離航空会社である、インドネシア・エアアジア Xが、日本(成田)とバリ島(デンパサール)の直行便を就航することになりました。

運行区間とスケジュール

気になる区間と就航スケジュール(2017年4月時点)を早速ご紹介!

就航区間出発時間到着時間運行曜日
成田 → デンパサール8:2514:25月・火・木・土
デンパサール → 成田23:007:10(+1日)月・水・金・日

日本からは成田国際空港からの朝8:25からだけなので、関東以外の方には少し使いづらいですね。。。これから便数や就航区間が増えることを期待です。

気になる設備と運賃

今回就航する便では2種類の席が設けられています。

1つ目が通常のスタンダードシート。

airasia_standard

こちらはいかにもLCCなシートですね。

シートピッチは約78cm程度のようで、体が大きい方はバリ島に着くまでの7時間は結構大変そう。

 

2つ目がプレミアムフラットシート。

airasia_fullflat

これは凄いですね。。。大手のビジネスクラス並みのシートなので、これならバリ島まで快適に行けそうです。

 

次に値段ですが、LCCは予約する時期によって値段が大きく異なります。

色々と検索して調べてみましたが、2017年4月時点では大体以下の通りのようです。

まずは「成田 → デンパサール」

  • スタンダードシート:9,900 〜 29,000円
  • プレミアムフラット:36,900 〜 149,000円

次に「デンパサール → 成田」

  • スタンダードシート:9,330 〜 28,430円
  • プレミアムフラット:36,330 〜 148,430円

片道衝撃の1万円以下の日がありますが、基本的には平日なので、その恩恵に預かるのは難しいかもしれません。。。

新規就航記念キャンペーンセール

先ほど値段についてご紹介しましたが、実はAirAsiaでは新規就航記念して 2017 年 3 月 21 日~4 月 9 日までの期間で新規就航記念キャンペーンセールを行っている値段となります。

予約可能な期間は2017 年 5 月 25 日~2018 年 6 月 5 日までとなり、片道航空運賃は最安値で 9,900 円(諸税費込)、プレミアムフラットベッドは最安値で 36,900 円(諸税費込)になるそうです。

キャンペーン終了後の値段が気になりますね。

結局「日本−バリ島」の直行便はどこがお得か?LCCの意外な落とし穴

エアアジアがバリ島への直行便に今回参入しましたが、ライバルになるのがガルーダインドネシア航空かと思います。

私も今年の7月にバリ島へ旅行に行く予定ですが、帰りの便をガルーダインドネシア航空の直行便を利用しています。

ではどちらを利用するのがお得か?について自分のケースを元に検証してみました。

設備の違い

バニラエアの設備はご紹介しましたが、ではガルーダインドネシアはどうでしょうか。

ガルーダインドネシアではボーイング777が就航していますが、エコノミークラスの設備としては必要十分!

garuda_echosheet

シートピッチは81cmあり、液晶ディスプレイによるエンターテイメントの提供もあり、加えてアメニティはソックス、耳栓、アイマスクなどが提供されます。

設備に関してはガルーダインドネシアが圧勝ですね。

値段の違い

行きは圧倒的にエアアジアが安いです。

ガルーダインドネシアの直行便ですと、7月の土曜日出発で60,000円程度します。。。

逆に帰りですが、こちらは悩ましい結果になりました。

エアアジアが18,430円、ガルーダインドネシアはお得なエコスペシャルプロモというプランがあるのですが、そちらだと29,000円程度になります。

この結果だけですと、1万円安いエアアジアの方が良さそうですよね?

でも、LCCには注意しないといけない落とし穴があります。

LCCの落とし穴

LCCを利用していて、手荷物の重量制限を忘れてしまい、超過料金を当日払うことになる。。。ということはありませんか?

LCCはその安さから基本的に荷物は機内持ち込みしかできません。

そのため、大型旅行カバンを預けたい。。。お土産を買いすぎて荷物が重くなってしまった。。。という場合は追加料金を払うことになります。

エアアジアの場合も例に漏れず、無料なのは機内持ち込み7kgまでです。

もし荷物を預け入れしたい場合は、20kgで3,900円、30kgで5,900円かかります。

ガルーダインドネシアはエコノミークラスでも日本発着の場合46kgまで預け入れすることができます

飛行機代はこのようなオプション内容もちゃんと加味しないと、予定より値段が高くなってしまうので注意が必要です。

今回のまとめ

今回色々と調べて検討してみましたが、私たち夫妻にとしてお得にバリ島に旅行に行くのであれば、行きはエアアジア、帰りはガルーダインドネシアが鉄板ルートになりそうです。

エアアジアの手荷物料金問題も、行きであればお土産などは無いはずですので、荷物の重量もそこまでいかないはず。加えて、ガルーダインドネシアは行きの区間「成田→デンパサール」がそもそも高いですしね。。。

逆に帰りはガルーダインドネシアのエコスペシャルプロモであれば30,000円程度で予約することができ、46kgまで無料で預け入れ可能なので安心ですし、飛行機の設備やサービスもガルーダインドネシアの方が良いです。

旅行帰りの疲れた体を考えると、なるべく良い環境で過ごしたいですよね。

そんなこんなで、今回の私たちの旅行では、帰りをガルーダインドネシアの直行便で予約していましたが、結果としてはベストな選択だったと結論付けられました。

 

今回引き合いに出したガルーダインドネシアですが、お得なエコスペシャルプロモの予約方法について以下記事でご紹介しております。

興味のある方は是非ご覧になってください。

 

旅行は色々と工夫できるポイントがあって大変ですけど、頑張ればそれに見合ったお得な旅にすることができます!

今回の情報もみなさんの旅行の助けになれば幸甚です。

でわでは。

 

◆初めてのバリ島旅行でお勧め記事はこちら!◆

⇨他のバリ島関連の記事はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました