箱根で美味しそばを食べる!貴賓館で優雅な昼食を

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅行の醍醐味といったら、美味しいものを食べることですよね。

 

今回は私たち夫婦が箱根旅行に行った際によく行くお蕎麦屋さん「貴賓館」をご紹介したいと思います。

貴賓館とは

まず最初に今回ご紹介するお蕎麦屋さん「貴賓館」についてざっくり。

 

場所は箱根ホテル小涌園の中にあり、大正七年に建てられた国登録有形文化財の私邸を利用したお店になっています。

箱根 貴賓館

⇨「貴賓館」の公式ホームページ

お店の周りは日本庭園が広がっており、美しい景色を見ながらお蕎麦を食べられるのがリピート理由の一つです。

お蕎麦の方も北海道北竜産の蕎麦粉を使用しており、粉挽は石臼を使っている本格的なお蕎麦が食べられます。

いざ貴賓館に

箱根には車で行く方も多いかと思いますが、ユネッサンの近くに駐車場があるので安心。

車を止めて少し歩くと、ちょっとした森のようになっているので迷いそうですが、看板があるので大丈夫です。

kihinkan_kanban

貴賓館の看板

看板から細い小道に入り、そこから少し階段を登って行くと日本庭園の中に建つ「貴賓館」が見えてきます!

kihinkan_gaikan

貴賓館の外観

周りは良く剪定された日本庭園が広がり、川も流れています。純和風の雰囲気が良いですね。

kihinkan_teien

貴賓館の庭園

 

少し日本庭園を散策するとお店の入口が見えてきます。

kihinkan_mongamae

貴賓館の入口

風格がありますね。。。最初に来た時は敷居が高そうで入るのに少し躊躇いました(笑)

思い切って中に入ると、玄関に綺麗な生花が!

kihinkan_ikebana

玄関の生花

立派ですね。絵になります。

ちなみにここで試練があるのですが、お店はこの奥にあるので店員さんが玄関に常駐していません。少し声を張って呼ぶ必要があります。。。(来店したタイミングが悪かったのかもしれませんが)

 

店員さんに連れられてお店の奥に行くと、昔は居間に使われていたと思われる広い部屋に通されます。ちなみにテーブル席になっているので、畳部屋ですが椅子に座ります。不思議。

 

居間からは、お店に来る時通った日本庭園がよく見えます。

kihinkan_nihonteien

貴賓館の日本庭園

蕎麦を注文

では早速メニューをチェック!

kihinkan_menue1

貴賓館メニューその1

まずは膳もの。ちょっとお高いですね。

 

次は蕎麦メニュー!

kihinkan_menue2

貴賓館メニューその2

全般的にこちらもお高め。でも美味しいのでしょうがない。

 

最後に一品モノ。

kihinkan_menue3

貴賓館メニューその3

今回は頼んでいませんが、色々と美味しそうですね。

 

今回、私は天城軍鶏蕎麦、嫁が野菜の天ざる蕎麦チョイス。奮発奮発。

いざ実食

蕎麦を楽しみに待っていると、まずは突き出しが。

kihinkan_tsukidashi

突き出し

お上品な味の小松菜のおひたしです。食前に食べると口の中がサッパリして食欲が湧いてきます。

食べながら少し嫁と話していると、待っていた蕎麦が!

 

まずは嫁の頼んだ野菜の天ざる蕎麦!

kihinkan_yasaiten

野菜の天ざる蕎麦

たけのこ等の春野菜の天ぷらが美味しそう。

次は私が頼んだ天城軍鶏蕎麦!

kihinkan_shamo

天城軍鶏蕎麦

軍鶏が別皿で出てくるのはちょっと予想違いでしたが、美味しそう!

また、嫁の天ざる蕎麦と違って、薬味が少し豪華です(笑)

kihinkan_yakumi

天城軍鶏蕎麦の薬味

本物のわさびを自分でおろすなんて凄い!。。。と思っていましたが、結構面倒臭かった。。。

 

味の方ですが、そば粉のキメが細かいのかのど越しが良く、蕎麦の風味が感じられてうまし。

軍鶏の方も肉の味がしっかりとしており、ジューシー。加えて薬味で乗っているネギは九条ネギでシャキシャキ。合いますね。

 

一通り食べ終わると蕎麦湯が。定番ですね。

kihinkan_sobayu

蕎麦湯

蕎麦湯の後、食後のデザートに柏餅が!これは嬉しい。

kihinkan_kashiwa

柏餅

味も上品であっさり目。食後のお茶と一緒に食べるには丁度良かったです。

最後に

今回ご紹介した箱根のお蕎麦屋さん「貴賓館」、ちょっとお値段はしますが、値段に対するボリューム、味は申し分ありません。お店の雰囲気も純和風で、大正の日本を感じられるのが良いですね。

 

皆さんも箱根に行かれたら、是非行ってみてはいかがでしょうか?

でわでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました